{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

哀傷(アイシャン)/寂寞.夏.日(セキバクナツヒ)(CD)

2,000 JPY

About shipping cost

(レーベル直販特価) 寂寞.夏.日 北京地下ロックシーンの異才 ――后海から響く唯一無二の音 寂寞.夏.日(Lonely China Day)YouTube channel https://www.youtube.com/channel/UCtnF9m52QgHa3GDtzMP6Prg 寂寞.夏.日(せきばく・なつ・ひ、中国語発音:ジーモーシャーリー、英語名:Lonely China Day)と聞いて、ピンと来る日本人がいたら相当の中国ロック通です。一般的に日本で中国ロックといえば、崔健(ツィ・ジェン)は思い浮かべられても、その次がなかなか出て来ないのではないでしょうか。6年前、中国に渡る前のわたしも、崔健や黒豹(ヘイバオ)、唐朝(タンチャオ)の音楽は聞いたことがあっても、それ以外のミュージシャンやバンドの情報に触れる機会はほとんどありませんでした。ところが、北京や上海のライブハウスに通ううちに、“地下ロックバンド”と呼ばれる魅力的なインディーズバンドがたくさんいることを知りました。その中でもひときわ異彩を放つ、寂寞.夏.日のアルバムを今回、日本の皆さんに紹介できることになり、大変ワクワクしています。 寂寞.夏.日は、作詞作曲を担当するVo&Gの?裴(ダン・ペイ)が中心となり、1996年に北京で結成したロックバンドです。4人編成で長く活動していましたが、2007年のアメリカツアーを経て?とGの王東韜(ワン・ドンタオ)のふたりとなりました。最近のライブでは、ベースは打ち込みで、ドラムはサポートメンバーが叩いています。ミディアムテンポのダウナーな音色、音響を意識した独特の音作り、隠喩を多用した批判精神溢れる歌詞、自らの音楽性を頑なに追求するストイックな姿勢――寂寞.夏.日は唯一無二のバンドとして、北京の地下ロックシーンで尊敬を集めており、崔健や子曰楽隊(ジーユエユエドゥイ)の秋野(チュー・イエ)など先輩ミュージシャンからの評価も高いです。 欧米人リスナーから支持されているのも彼らの特徴です。北京の后海(ホウハイ)周辺のライブハウスで行われる彼らのライブには、北京で暮らす欧米人の姿がたくさん見られます。こうしたリスナーがバックアップする形で、06年にはアメリカでアルバムを発売、その翌年にはアメリカツアーを行いました。また09年には、カナダ、イギリスでの公演を成功させています。 寂寞.夏.日はこれまで3枚のアルバムを発表しています。1枚目は02年発表の『録(ルー)』で、今回、Club Lunaticaから発売された『哀傷(アイシャン)』(06年)は2thアルバムです。最新アルバム『這个易同化民族(ジェイガイトンファミンズ)』は2010年に発売されました。 『哀傷』は、バンド活動10周年の節目の年に発売されたアルバムです。どれも完成度の高い、素晴らしい楽曲で、当時、?が目指していた寂寞.夏.日の完成形がここに見られます。この後、?は歌(声)への執着を捨て、より音響にこだわった音作りを進めます。3thアルバム『這个易同化民族』では、さらに進化した寂寞.夏.日を聞くことができます。  日本での『哀傷』の発売を、?は非常に喜んでいます。「秋田昌美や吉田達也の音楽を聞き、日本のインディーズシーンに非常に興味を持つようになった。以前から日本でライブができたらと思っていた」と語っています。寂寞.夏.日が日本のステージに立つ日が来ることを、私も心から祈っています。   【上海在住ジャーナリスト 杜由宇】2011.3.1

Sale Items